ミラーレス一眼「canon EOS m3」を持って、東京・銀座を散策してきた。

image

今回、東京へ御朱印巡りに行った際、いつも使っているフルサイズ一眼の「canon EOS 6D」ではなく、「canon EOS m3」というミラーレス一眼を持って行ってきました。

目的は、「EF-M 28mm F3.5 IS STM マクロ」というマクロレンズを購入したので、試し撮りです。

本当は、Youtuberのジェットダイスケ氏の個展・「空蝉」の観覧に銀座へ行ったのですが、確認ミス、なんと、前日に終わってました。

twitterで呟いた所、ご本人からリプライ頂き、お恥ずかしい・・・

「canon EOS m3」を持って銀座を散策してきた

気を取り直して、新橋駅から銀座まで歩いてみました。

マクロレンズは、接写には勿論強いですが、単焦点レンズとしても使えるところが魅力。

28mmだと35mm換算で42mm。

人の目と近いスナップ写真が撮れます。

IMG_0128.jpg

コーヒー専門店で。

F3.5でも、接写するとボケまくり。

こういう、写真見ると、やはりマクロレンズは物撮りに最適ですね。

IMG_0127.jpg

マクロレンズと言えば、花の撮影。

これが、想像以上に難しい。

三脚がないと、どこにピントが合ってるか分かりづらいし、手ブレしまくる。

IMG_0124.jpg

なんとか、マクロレンズっぽい写真が撮れました。

IMG_0126.jpg

マクロレンズの他に「EF-M 15mm-45mm f3.5-6.3」という標準レンズも持っていきました。

やはり、風景を撮るには、15mm(35mm換算で22.5mm)の広角がいいですね。

ホコ天の銀座。

IMG_0138.jpg

銀座のど真ん中でくつろぐお父様達。

IMG_0135.jpg

和服の女性が大行列。

IMG_0136.jpg

まとめ

ジェットダイスケ氏の個展は、残念でしたが、銀座でスナップ写真を撮ることができました。普段、使用しているフルサイズの「EOS 6D」よりも軽くて肩も凝りませんでした。これから、夏ですし、フルサイズの出番は少なくなり、今回紹介した「canon EOS m3」の出番が増えそうです。

また、前回書いた「JR目黒駅から徒歩3分、「ハングリーヘブン」でハンバーガーを食べてきた。」という記事は、全て「EF-M 28mm f3.5 マクロ」で撮影しましたので、興味のある方は、是非。

Canon EF-M 28mm f/3.5 Macro IS STM Lens [並行輸入品]

Canon EF-M 28mm f/3.5 Macro IS STM Lens [並行輸入品]