読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【御朱印】京都府京都市中京区にある「壬生寺」へ行ってきた。

京都 御朱印

今回の御朱印巡りは、京都府京都市中京区壬生にある「壬生寺」へ行ってきました。

こちらのお寺は、新選組とゆかりが深く、かつて壬生寺の境内は、新選組の兵法調練場として使われており、武芸や大砲の練習が行われていました。

また、「沖田総司が子供たちを境内に集めて遊んだ」、「近藤勇が壬生寺で狂言鑑賞をした」など多くの逸話が残っており、ファンにはお馴染みのお寺となっています。

夜泣き地蔵や水掛地蔵などたくさんのお地蔵様があることから、お地蔵様のお寺としても有名です。

ご本尊は、延命地蔵菩薩像。

それでは、行ってみましょう。

 壬生寺へ行ってきた

場所は、阪急電車「大宮駅」から徒歩数分。

壬生寺周辺には、新選組グッズ等が売っているお店があります。

ファンには堪らないですね。

IMG_28141

到着。

立派な表門。

IMG_28161

まずは、本堂へ参拝。

本堂には、延命地蔵菩薩像が祀られています。

IMG_28201

本堂向かって左側に壬生寺創建1000年を記念して改築された、「千体仏塔」。

IMG_28211

そして、阿弥陀堂の奥に新選組隊士のお墓があります。

IMG_28181

壬生寺には、新選組屯所で暗殺された隊士・芹沢鴨をはじめとする11人の新選組隊士が眠っています。

近藤勇の遺髪塔と銅像に手を合わせてきました。

IMG_28231

写真は撮れませんでしたが、阿弥陀堂にある歴史資料館も見応えがあり、新選組と壬生寺の歴史を感じることが出来ます。

歴史に触れたあとは、御朱印です。

御朱印は、本堂向かって右側にある「寺務所」で頂くことが出来ます。

IMG_28221

壬生寺の御朱印

「地蔵尊」GET!

image

まとめ

比較的小さくて静かなお寺ですが、見所満載のお寺でした。

特に新選組が好きな方なら、絶対に楽しめるので是非行かれてみて下さい。壬生寺でしか買えない新選組グッズなどもありましたよ。

新選組バージョンの御朱印も作って欲しい。