【御朱印】京都府宇治市にある「平等院」へ行ってきた。

image

今回の御朱印巡りは、京都へ行ってきました。

1つ目の御朱印は、「清水寺」。

2つ目の御朱印は、「知恩院」。

3つ目の御朱印は、「晴明神社」。

4つ目の御朱印は、「源光庵」。

そして、5つ目の御朱印は、世界遺産の「平等院」です。

平等院は、藤原鎌足を祖とする藤原家ゆかりの寺院で、平安時代後期・11世紀の建築、仏像、絵画、庭園などを今日に伝え、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されています。

2012年9月3日~2014年3月31日まで屋根の葺き替え・柱などの塗り直し修理が行われ、この間、鳳凰堂内部の観覧は出来なくなっていましたが、2014年10月1日、落成式が行われ修理工事が完了しました。

十円玉の裏に描かれている「鳳凰堂」が有名。

ご本尊は、阿弥陀如来像。

それでは、いってみましょう。

続きを読む

【御朱印】京都府京都市北区にある「源光庵」へ行ってきた。

image

今回の御朱印巡りは、京都へ行ってきました。

1つ目の御朱印は、「清水寺」。

2つ目の御朱印は、「知恩院」。

3つ目の御朱印は、「晴明神社」。

そして、今回、紹介する4つ目の御朱印は、「源光庵」です。

源光庵は、1346年に臨済宗大徳寺の徹翁義亨の隠居所として開基されました。

その後、1694年に卍山道白という僧侶により曹洞宗へ改宗。

1600年に、伏見桃山城で徳川家康の家臣・鳥居元忠らが石田三成に破れ自刃した時の跡が残った床板を、源光庵本堂の天井として、使っている(供養している)ことから「血天井」と呼ばれています。

悟りの窓と迷いの窓でも有名。

正式名称は、鷹峰山寶樹林源光庵。

それでは、いってみましょう。

続きを読む

【御朱印】京都府京都市上京区にある「晴明神社」へ行ってきた。

image

今回の御朱印巡りは、京都へ行ってきました。

1つ目の御朱印は、「清水寺」。

2つ目の御朱印は、「知恩院」。

そして、今回、紹介する3つ目の御朱印は、「晴明神社」です。

晴明神社は、平安時代の陰陽師・安倍晴明が祀られている神社です。

平成に入り、安倍晴明が映画化され大ヒット。

今でも多くの陰陽師ファンが足を運ぶ、京都のパワースポットになっています。

それでは、いってみましょう。

続きを読む

【御朱印】京都府京都市東山区にある「知恩院」へ行ってきた。

image

今回の御朱印巡りは、京都へ行ってきました。

1つ目の御朱印は、「清水寺」。

そして、今回、紹介する2つ目の御朱印は、「知恩院」です。

知恩院は、浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院で、現在のような大規模な伽藍が建立されたのは、江戸時代以降。徳川将軍家から庶民まで広く信仰を集め、今も京都の人々からは親しみを込めて「ちよいんさん」「ちおいんさん」と呼ばれています。

国宝の御影堂が平成31年まで、大修理中なので参拝される方は、注意してください。

それでは、いってみましょう。

続きを読む

【御朱印】再訪、京都府京都市東山区にある「清水寺と地主神社」へ行ってきた。

image

今回の御朱印巡りは、京都へ行ってきました。

1つ目のお寺は、もう、何度も訪れている「清水寺」。

清水寺の御朱印は、何種類かあり、以前、「大悲閣」の御朱印を頂きましたが、今回は、清水寺の本堂を出てすぐ左にある地主神社の御朱印を目的に行ってきました。

地主神社は、えんむすびの神様として有名で、恋占いの石という、片方の石から反対側の石に目を閉じて歩き、無事たどりつくことができると恋の願いがかなう石があります。

それでは、行ってみましょう。

続きを読む